トップへ » 院長紹介・経歴 » 診察室は秘密の遊び場~手先が器用で歯科医療用材料で遊ぶ

診察室は秘密の遊び場~手先が器用で歯科医療用材料で遊ぶ

茂木正秀こんにちは。茂木歯科医院の院長、茂木正秀です。
私は幼いときから開業歯科医である父の背中を見て育ってきました。だから、モノ心ついたときには、「お父さんと同じ歯医者になるんだ!」と、当然のように思い込んでいたんですよ。

子どものころのエピソードに、こんなことがありました。5~6歳の頃だったかな? 親父の目を盗んでは診察室に忍び込み、治療に使う素材でよく遊んでいたんですよ。こねたり、模型を作ったりしてね。私にとって診察室は秘密の遊び場で、治療用の材料はおもちゃ代わりだったのです。ところが親父に見つかってしまい、大目玉をくらってしまいました(笑)

私はもともと手先が器用だったので、親父は「こいつは手先が器用だから、歯医者に向いてるぞ!」と思ったのかもしれません。安々と診察室に忍びこめたのも、ひょっとしたら親父の「ワナ」だったのかもしれません(笑)

こんな幼少時代を過ごしてきたので、私にとって歯医者という仕事は、まさに天職だと思っています。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 診察室は秘密の遊び場~手先が器用で歯科医療用材料で遊ぶ


コールバック予約