トップへ » 院長紹介・経歴 » オールマイティな歯科医を目指しアメリカに留学

オールマイティな歯科医を目指しアメリカに留学

オールマイティな歯科医を目指しアメリカに留学私が目指していたのは、虫歯や歯周病、矯正、噛み合せなど、口の中のあらゆるトラブルに対応できるオールマイティな歯医者さんでした。そのためには矯正知識も必要です。そこで、大学卒業後は2年間、東京医科歯科大学で矯正を専門に学びました。

卒業を控えたある日、先生に進路を聞かれ、こう答えたことがあります。

「私が目指しているのは専門的な治療を行うスペシャリストではなく、どんな治療もこなせるゼネラリストです。より高度な技術と知識を学ぶためにアメリカに留学します」

すると先生は「分かった」と言いながら、温かく見送ってくれました。

卒業後、アメリカのフィラデルフィアにあるテンプル大学歯学部の大学院に留学しました。せっかくアメリカまで来たのですから、じっとしてなんかいませんでしたよ。学外の勉強会や研修会に参加したり、時には先生と議論したり。とにかく学ぶことに対し貪欲でしたね。おかげで準首席で卒業でき、自分でも一皮向け成長したと思います。


トップへ » 院長紹介・経歴 » オールマイティな歯科医を目指しアメリカに留学


コールバック予約