トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科 » 埋没歯の開窓について

埋没歯の開窓について

粘膜の下や、骨の中に埋まっている歯を利用したい場合、単純に覆っている粘膜をメスで切除してしまうような外科処置を行うと、術後の引きつれや、将来的に歯根の露出をおこしたりします。

そこで、そのようなことが懸念される症例では、特殊な歯肉移植を併用した開窓手術を行い、将来、付着歯肉と呼ぶ本来あるべき丈夫な歯肉が歯の周りに出来るようにしてやります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科 » 埋没歯の開窓について


コールバック予約