トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病 » 歯肉を再生する粘膜移植手術

歯肉を再生する粘膜移植手術

歯周病歯肉や歯根を覆っている骨が薄く、ひ弱である、あるいは歯周病が進んでくると、歯肉とその下にある骨が退縮して、歯の根が長く出てきてしまうことがあります。そのため、進行性の退縮や歯肉がひ弱な時には、その進行を止めるため、あるいは環境を改善するために歯肉を移植し、再生させることがあります。

当院では上顎の粘膜などを薄く切り取り、歯肉に移植する手術を行っています。軽度から重度まであらゆる再生手術が可能で、他院から紹介されて来る患者さまが大半です。中には移植後の定着は無理だろうと言われれた難しい症例もありましたが、無事に成功し、術後、長期にわたっての安定が期待できます。

また歯ブラシで強く磨きすぎて歯根が露出してしまった患者さまにも、再生手術を行っています。
少しでも歯ぐきの状態に不安をお持ちの方は、ぜひ一度、当院にご相談ください。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病 » 歯肉を再生する粘膜移植手術


コールバック予約