トップへ » 当院が選ばれる理由 » 院内技工室

技工室を院内に併設し、専属の技工士が常駐

技工室を院内に併設し、専属の技工士が常駐

入れ歯やクラウン(治療した歯の上に被せる物)はどこで作っているのかご存じでしょうか?

これらは技工室で作っています。技工室はいわば歯科技工士専用の作業場で、歯の被せ物や入れ歯を作ったり、仮歯やセラミックの色調整を行ったりする場所。しかし多くの歯科医院では専用の技工室がなく、そのほとんどが院外の技工士に依頼している状況です。

当院では院内に技工室を設置し、専属の技工士が入れ歯や被せ物を作っています。技工室を構えているので、被せ物や入れ歯の色や形の調整にすぐ対応できます。

歯科医院内に専用の技工室を構えている歯科クリニックは、そう多くはありませんので、当院ならではの特長といえるでしょう。

また、材料は厳選し、アレルギー等が起こらない、最上のものを使用しております。

高度な技術でズレのない完璧な人工歯を生み出す

高度な技術でズレのない完璧な人工歯を生み出す当院の専属技工士とは30年来のつきあい。ともに歩んできましたので、お互いに認め合い、尊敬しあいながら、何でも言い合える信頼できる相棒だと思っています。

プロの技工士として、確かな目と技で、ピッタリフィットする入れ歯やクラウンを作っています。その仕上がりは完璧で、歯に被せたときわずかな隙間さえも許しません。それだけ高度な技術を持つ技工士ですので、万一、できあがった人工歯にズレやガタツキなどが生じた場合は、型取りをした歯科医に責任があると思っています。

職人気質のため型取りした歯型にほんの少しでも曖昧な部分があると、院長に型の取り直しを指示することもあります。時にはお互いに議論を戦わせることもありますが、それだけ真剣に取り組んでいる証拠です。

型取にはゴム印象剤を使い、変形しない歯型を作る

型取にはゴム印象剤を使い、変形しない歯型を作る入れ歯や被せ物を作るとき、土台となる歯型が正確でなければ、できあがった人工歯にズレなどが生じてしまいます。そのためには、型取をした後誤差が生じない、優れた印象剤(歯型を取る時の材料)が必要です。

当院ではゴム素材の印象剤を使った型取を行っています。ゴム印象剤を使うことで、石膏を流し込んだときの変形を防ぎ、正確で立体的な歯型を作ることができるのです。

正確な歯型を元に作った人工歯はズレやガタツキがなく、歯と歯ぐきの間の隙間も生じません。もちろん汚れもたまりにくくなりますので、歯の寿命がぐんと伸びます。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
根管治療歯周病矯正歯科クラウン・ブリッジについて
入れ歯院内技工室料金表
よくあるご質問

カウンセリングを行っています

カウンセリングを行っています

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 院内技工室


コールバック予約