トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科

矯正治療で本来の噛む力を蘇らせ、治療の可能性を広げる

矯正治療で本来の噛む力を蘇らせ、治療の可能性を広げる

先代である父の時代から、矯正治療を取り入れた一般診療を行っていました。もちろん矯正専門の治療も行っていましたが、矯正歯科が少なかった当時としては、数少ない歯科医院だったと思います。

虫歯や歯周病治療のとき、噛み合せや歯並びが悪いと、せっかく治療しても上手く物を噛むことができず、よりよい治療効果が得られません。そこで虫歯などの治療とともに矯正治療を行うと、正しい噛み合せになり患者さまが本来持っている噛む力が蘇ってきます。さらに、歯が正しい位置に戻りますので治療できる範囲も広がってくるのです。

当院では先代からのポリシーを引き継ぎ、10年先、20年先を見据え、患者さまの歯の健康を考慮し治療過程に矯正治療を取り入れています。まず、虫歯や歯周病などの治療を最優先に行います。これらの治療がある程度以上進んで安全な所まで改善したら、矯正治療にかかることが出来ます。

いくつかの例を挙げますと、虫歯が歯肉の下まで深く及んで、骨の高さ程までに進行してしまうと、そのまま通常の治療をしても将来に問題を引きずるような良い結果は得られません。そこで、歯に矯正力を加えて、徐々に引っ張りだし、健康な資質が出てきたところで歯周環境を整え、被せものを作ります。

又、歯があまり倒れてくると、咬む力に耐えられなくなり、補綴物が壊れやすくなったり、歯周病の原因、あるいは促進因子になったりといろいろな問題が起こってきますので、事前に矯正治療により起こしてやります。

さらに、歯の傾斜や位置が悪く、機能的や健康維持、あるいは審美的な問題が出てきていれば、矯正治療をすることにより、かなり改善出来、治療の完成度がより高くなります。一時的な不快感はあっても、現在私達のところで行っている部分矯正は、比較的短い時間で、あまり苦痛を伴わないので、患者さまにとってメリットがとてもあるものになります。

噛み合せ機能を取り戻した後、患者さまの希望を取り入れた自然で美しい歯に仕上げますので、ご安心ください。

オリジナルの治療法で難易度の高い症例にも対応

オリジナルの治療法で難易度の高い症例にも対応院長は1000例以上もの矯正治療実績を積んできました。35年の歯科医経験の中で軽度から重度のケースまで様々な症例を経験しています。

矯正治療はあらかじめ歯の動きが予測できるので、治療終了後の歯並びをイメージしながら治療を行うことができます。ところが、複雑な噛み合せの場合、予測がつきにくく治療困難な症例もままあります。

しかしながらアメリカ留学で得た知識や経験をもとに知恵を絞り、個々の患者さまに合わせた治療方法を考えていくので、いかなる症例にも対応できます。まさに当院の強みといえます。

難易度の高い症例でも綺麗に仕上げる

難易度の高い症例でも綺麗に仕上げる当院で矯正治療を受ける患者さまの中には、矯正が難しいため他院から紹介されて診察にみえます。

ある症例では上顎(じょうがく)に下顎(かがく)の歯が食い込んでいたため、歯ぐきに炎症を起こし歯の健康が危ぶまれていました。女性の患者さまでしたので見た目をとても気にされ、私も何とかしてあげたいという一心で治療をしたのです。

治療にあたり歯を1本抜いて矯正を行い、それからブリッジを入れました。治療後は下顎への食い込みが改善され、見た目もとても綺麗になり、患者さまもとても喜んで下さいました。

当院ではもぎ矯正歯科医院とタイアップしており、全顎に及ぶ矯正治療はもぎ矯正歯科医院が受け持っており、部分矯正は当院が受け持つようにしています。

埋没歯の開窓について

粘膜の下や、骨の中に埋まっている歯を利用したい場合、単純に覆っている粘膜をメスで切除してしまうような外科処置を行うと、術後の引きつれや、将来的に歯根の露出をおこしたりします。

そこで、そのようなことが懸念される症例では、特殊な歯肉移植を併用した開窓手術を行い、将来、付着歯肉と呼ぶ本来あるべき丈夫な歯肉が歯の周りに出来るようにしてやります。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
根管治療歯周病矯正歯科クラウン・ブリッジについて
入れ歯院内技工室料金表
よくあるご質問

カウンセリングを行っています

カウンセリングを行っています

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科


コールバック予約